栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
無理しない頑張り方

簡易セルフチェックのすすめ(姿勢を整える)

セルフチェック

今、まっすぐ立てていますか?

少し見出しが通販のキャッチコピーみたいですかね。

姿勢力なんて言葉もあるくらいなので、姿勢がとても大切な事は皆さんご存知かと思います。

ただ、厳密に正しい姿勢と言うのは、詳しい知識をお持ちの方にキチンと教わらないといけないし、ずっとキレイな姿勢でいるのはキツイと思っておられるのではないでしょうか。

そもそも、それほど正しい姿勢であることの効果がそんなに分からない、とか。

Himenoからご提案するのはいつも姿勢を正すお話ではなく、たまにはご自身で軽くチェックしましょう、くらいの簡単なお話です。

でも、これを忘れてしまうのと、覚えておくのでは、あなたの将来が結構変わるかもしれませんよ。

Himeno
Himeno
と、ちょっとおどかしてみたり

セルフチェック(姿勢の整え方)のやり方

鏡の前に立ちます。姿見が望ましいですが、無ければ洗面台でもいいですよ。

自分の顔を見ます。口や目を見て、左右で傾いていたら軽く顔を動かしてマッサージ。

両肩の高さを見ます。どちらかの方が上がっていたら軽く肩を回して揃えます。

おしまい。

普段何気にされておられるのでしたら、それで十分ですね。

ただもし、このセルフチェック自体をしたくないな、と思ったら注意です。

自分の顔を見たくない?見たところでどうせ疲れ果てた顔が映るだけ?

お疲れ様です。今、セルフチェックで自分が疲れてると認めたと言う事です。

ご自身の休みを優先して取って下さい。そんなに疲れてない、なんて言い訳はダメですよ?

今回一番お伝えしたい内容は、ご自身の状態に自分で気付く事を忘れない事、です。

ちょっと体が曲がってたからって大丈夫?生まれつきだったり職業柄?それ自体は問題ないと思います。

ただ他の人から見て、明らかに傾いたまま歩いているのに本人が気付いていなかったら大問題で、これこそ最も恐ろしい状態です。

どうしてバランスが崩れるのか?何故バランスが大事なのか?

人体は左右対称ではなく、またその精神も しかりです。

何かに頑張ったり、恐怖したり、緊張したり、無理をすると内臓に負荷がかかり、内臓は筋肉を引っ張り、筋肉自身も常に緊張し続けてしまいます。

誰でもそんな事が起きるのは当然ですが、その後はリセットしてあげないと傾いたままになり、いつしか傾いたことすら忘れてしまいます。

ずっと前に進もうと、前に前に重心を傾けて、いつしかもっと前にと手を伸ばしたら、もう伸ばすところが無くてただ倒れてしまいます。

手を伸ばし切った状態から、さらに手を伸ばして物を押すのと、手を曲げた状態から手を伸ばして物を押すのでは、どちらが力が入れられますか?

30分のストレッチは続かないですが、たまに肩を回して

店員
店員
ああああ~!!

とオッサンの悲鳴のような声が出たら、体が望むように動かしてあげてください。

これはフィジカルでもメンタルでも病気を予防できる簡単な方法です。

物腰に気を付ける
物腰に気を付ける(姿勢の力・応用編)立ち振る舞いの重要性 礼儀作法やマナーについてのお話ではありません、広い意味では多少通じる所ではありますが 自身の心身の健康と、...

 

関連した記事