栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
Himenoがやってみた

時間がない副業クリエイターがスキルアップの為に1つだけやった事(プロジェクトZの全容)

プロジェクトZの全容

今年8月にsisioumaru様に会おうとデザインフェスタというイベントに見学に行きました。

そこで他のアーティスト・ハンドメイド作家・クリエイター、他メーカー様のブースも見てきました。

感想として、クリエイターとしての自分に足りていないものがたくさん見えてしまいました。

皆様、自分の作品をブースに並べてお客様やファンの方々と交流されてて、中にはその場で絵を描いている方も。

その集中力・スピードは凄まじく、私が感じた主観では「売りたい」ではなく「描きたい」でもなく、

「この人の為に、今渡したい絵を作る」という自分のしたい事と責務が合致したような情熱を感じました。

言葉にするのはなかなか難しいですが、その感情を肌で感じました。

クリエイターである自分に足りていないものを整理する

そして今Himenoに足りていないと感じたものは

  • 圧倒的に作品の数が足りない
  • ポートフォリオ(自己紹介の意味の作品集)
  • 作品を作るスピード

8月の時点で、栄屋支店の作品は10作品程度。週に1回、何とか1作品作れるかどうかくらいのスピードで創作していました。

他のクリエイターの皆様はブースいっぱいの作品数。一目でこの人がどんな作品を作っているのか、その世界観が分かります。

このままでは圧倒的に発信力が足りないと感じたのです。

プロジェクトZを企画する

とにかく作品数を増やす。作品を作るスピードを上げる。これが最重要課題と感じ、プロジェクトZを企画・実施しました。

プロジェクトZとはZ:雑貨屋さんにありそうなのをどんどん作る という、とにかく作品を沢山作る事を優先することです。

これを9月~10月くらいまでtwitterにどんどん上げていきました。

たったこれだけの事でしたが、目標として得られた結果と、副産物はとても私にとってプラスになるものでした

プロジェクトZを通して得られたもの

狙い通り、作品数が一気に30以上も確保できました。

これだけあればイラスト投稿サイトに毎日あげ続けることもできます。

作品を作る経験値が上がったので作るスピードも上がりました。

そして副産物としてtwitterでフォロワー数が上がりました。これは皆様のご支援のお蔭ですね。

また、3DCGならではの効果として、一度作ったデータを、使い回せるという利点から、

全作品を雑貨で統一しているのでそのまま雑貨店の内装として利用する事で、

栄屋支店の中がにぎやかになりました。

今はCGの背景が豪華になっています。

 

そしてこのブログのネタにも一役かえましたね。

ハイペースでどんどん作品を作るのはもちろん大変ではありますが、得られる効果はたくさんありました。

関連した記事