栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
初心者上達ポイント

3DCGの作り方(Shade3Dチュートリアル)3.ライティング/カメラワーク編

Shade3Dチュートリアル3

3DCGチュートリアル、第3編をお送りします。

モデリング(造形)も頑張ったし、テクスチャーも悪くないはず。でもなんか思ってたような出来映えじゃない。

そういった方は、ライティング(照明設定)とカメラワークの設定がおかしいのかもしれませんね。

このチュートリアルが参考になれば幸いです。

Himeno
Himeno
今回ちょっと長いかも
店員
店員
えぇっ!?

ライティング(照明設定)

今回の題材が透明であるガラスコップなので、ちょっと背伸びして逆光にチャレンジしましょう。

今回照明に利用するのは、

  • 無限遠光源(主・副の2灯)
  • 背景によるIBL
  • (演出用)スポットライト

です。

背景のIBLが一番リアルな照明を演出してくれます。→環境光(間接光)について

あとは扱いやすい無限遠光源で好きな方向の明暗を作っていきます。

無限遠光源による主/副照明設定

では先に、無限遠光源(主光)の設定から

チュートリアルライティング1

ここで着目するのは

  • 明るさ
  • 環境光
  • ソフトネス

です。

IBLを邪魔しないよう、ちょっと抑えめの明るさで。

環境光は0(ゼロ)にしましょう。

ソフトネスを任意の値を入れておくと影がボケます。

Himeno
Himeno
影はボケないと、リアル感が一気に無くなります(汗)

照明の向きは、左奥、やや上からです。

店員
店員
こんな感じですか?
照明角度1

続いて無限遠光源での副光を設定します。

チュートリアルライティング2

主光と同様ですね。光の向きだけ変わります。

手前側、右下からです。

照明角度2

本来、王道なら3灯使って、照らしてあげると良いのですが、背景からの光がありますので、2灯で十分だと思います。

Himeno
Himeno
陽の光と照り返しの2つですね

背景照明設定

背景も、テクスチャの時同様、プリセットを利用します。

今回室内をイメージしていますので、それに適したものをShade Explorerから選びます。

チュートリアルライティング3

ここで注目する所は

  • 光源としての明るさ
  • マッピングスライダ(画像の下枠の部分)

です。

通常であれば、どちらも値は1.0ですが、

特にマッピングスライダは、直接数値を入力する事で大きい数値を入れています。

「光源としての明るさ」はその名の通り、背景にどれくらい明るさ持たせるかの値です。

「マッピングスライダ」では、背景の画像自体が明るくなる(明るい画像になる)という値です。

両方強めの値を入れる事で、環境光としてはたらくようにしています。

店員
店員
長いっ!疲れた!
Himeno
Himeno
はいはい、休みながら読んでね

(演出用)スポットライト設定

これはオマケの照明設定になりますが、ガラスコップに当てない光として、スポットライトを用意します。

チュートリアルライティング4

図の、ピンク枠で囲んだ部分、今回主光が左奥から当たっていますので、

演出としては左側が明るくしたいのです。ただ無限遠光源の光は、その名の通り、無限遠からの光の為、奥の壁の向こうから照らす為、壁に影が落ちます。

そこで、スポットライトで壁の内側から照らし直してあげるんですね。

  • ソフトネス(光の範囲がボケると言う意味)
  • 影のソフトネス

に数値を入れる事で、柔らかで自然な光を演出します。

カメラワーク(カメラ設定)

まずは設定のキャプチャ画像を載せます。

チュートリアルカメラワーク

カメラの設定項目は、よほどダイナミックな撮り方をしない限りは少ない項目だけの調整だけです。

  • ズーム(焦点距離)
  • 焦点(ボケ具合)

今回「小さい静物(ガラスコップ)」を撮りますので、焦点距離はやや長めに65mmにしました。

Himeno
Himeno
小話ですが、皆さんも小さい置物を取る時は、ちょっと離れて、ズームで取るとキレイになりますよ
店員
店員
安いカメラだと遠いとノイズが入るんですよ

焦点(ボケ具合)については、数値を大きくするとレンダリング(描画)が遅くなりますので、0.05くらいがベターです。

店員
店員
フォトショップとかで後でボカせば良いじゃないですか
Himeno
Himeno
そんな高いソフト、うちに買うお金はないのよ
店員
店員
そうなの!?

以上でライティング/カメラワークが終了です。

今回分出来映え確認

ここまででの出来映えを見てみましょう。

shade3Dチュートリアルライトカメラ
店員
店員
ん?テーブル動かしました?
Himeno
Himeno
…えー、自分の好みで前の工程に戻って試行錯誤する事は、CGを作る上でとても大事です
店員
店員
ごまかしたな

 

 

 

 

 

 

 

関連した記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です