栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
Himenoがやってみた

自作HDRIを作り直して3DCGクオリティを底上げしてみる

HDRI作直して3DCGクオリティUP

ちょっと専門的な話になりますが、

3DCGで背景にHDRIを使ったIBLは、簡単でかつ3DCGの出来映えがよくなるので

3DCG作成ソフトの違いや、プロ・素人に関係なく、皆さんよく使います。

HDRI=普通の画像ファイルよりも色情報の数が多く、「暗い・眩しい」という明るさの情報までもっている画像ファイル
IBL=イメージ・ベース・ライティング。映画フィルムみたいに、画像のそれぞれの色で、対象を照らします。

つまり単一な照明と比べて、HDRIの背景での環境光はとてもリアルに見える訳です。

環境光
環境光(間接光)について3DCGでのライティング(照明)は、直接光と言われる、太陽の光やスポットライトで対象物を直接照らす光と、 それだけでは影の部分に全...
Himeno
Himeno
モデリングが上手じゃなくても、HDRIのIBLはグッとクオリティが上がって見えます

HDRI背景を自作する理由

HDRIは最近はフリー素材も増えて、入手は簡単になってきました。

しかし、HDRIの背景素材はちょっと不便な所があります。

自分の作ったCGのイメージとちょっと背景のテイストが合わない、とか良くあります。

また、野外の背景素材では良いのですが、室内になるとまた問題があります。

カメラの位置が固定されてしまうのです。

店員
店員

普通なら、3DCGを作る時にカメラを動かせば、背景も追従しますが、

既に背景が1枚の画像として貼り付いていますので、カメラをどんなに動かしても背景が動かない訳ですね。

Shade3Dなら自分で作ったCGをそのままHDRIファイルに出来て、背景素材に使用できますので、

自分のCGにも相性がよく、カメラの位置を変えたければ、また背景素材から作り直せばいい訳です(手間ですけど)

自作HDRI:作り直し前

HDRI作り直し前

タイトルは栄屋支店の内観です。天井・床・壁があるだけで店内にはほとんどなにもないですね。

Himeno
Himeno
仮想雑貨屋さんを名乗っておきながら寂しいですね。

これを背景に使ってのコーヒーセットのCGは

上で話した通り、HDRIは作品へのクオリティに影響する、と言う事は

この背景素材の情報量が増えれば、もっと普段のCGのクオリティが上がるはず!と考えました。

店員
店員
よし頑張れ

自作HDRI:作り直し後

HDRI作り直し後

作り直し前の店内をベースに、沢山の雑貨や家具を配置しました。

実際の雑貨屋さんよりは物は少ないですが、前よりはにぎやかになったかなと。

さあ!これで同じコーヒーセットのCGを作ったら!!(期待)

ん?

ん~?

・・・思ったより、あんまり変わらなかったですね。

店員
店員
こらっ

結論:自作HDRIは作り直しても、期待する程クオリティUPしない

細かい色味を見比べると、確かにクオリティは上がってますが、大きくは変わらなかったですね。

逆に言うのであれば、簡単でも良いからHDRI背景素材を用意しておけば、

十分効果が得られている、と言う事ですね。

あ、勿論Himenoは新しく作り直した背景を使いますが。

イラスト上達
HP開始から1年でイラストは上達した?イラストサイト立上げから1年が経ちました 3DCGの個人イラストサイト「栄屋支店」を設立したのが2018,5月でした。 ...

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です