栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
3DCGって何?

3DCGは魔法の絵筆ではない

3DCG万能ではない

3DCGソフトは万能ではない

中学生の時、初めて3DCGソフト『Shade』を買って、

「これで僕はなんでも作れる!」

そんなキラキラした目でPCにインストールしていた気がします。

店員
店員
もうキラキラしてないの?
Himeno
Himeno
頑張るっ
3DCGは”なんでも”は作れません。自分が作れるものだけしか作れません
題材選び
初心者向け3DCGの題材選び(モデリング可否の選択)について3DCGのモデリングや表面材質の話をしていますが、その前の工程を話していなかった事を思い出しました。 初心者には題材選びがとても重要 ...
  • クリエイターの技術的限界
  • ソフトの機能としての限界
  • 使用マシンのパワーの限界

それらの限界を考慮して、作れる範囲のものしか、実際には作り出す事は出来ないのです。

「なんだCGか」はCG屋に失礼

3DCGソフトの機能の発展、進化により、もはや実写と見分けがつかないCGも数多くあります。

その結果、「えっ!?これどうやって撮ってるの!?」「え!?これ本物?」という映像で

実は3DCGでした~というネタばらしがありますが

Himeno
Himeno
CG作るのも難しいっちゅうねん

もちろん、実際の撮影よりも、CGを使う方が簡単になる場合もあります

しかし、3DCGだって、指先ひとつでチョチョイーと作られてる訳ではありません

3DCG=”ニセモノ”という思い込み

CGを作る側が、ワザと実写にダマすような時もありますが、CGを作る労力がある事は覚えていて欲しいです。

なんでも作れるんですね→自分が作れるのを作ってる

3DCGでハイクオリティな作品を見ると、

「うわー!この人何でも作れるんじゃないか!!」と思ってしまいます。

というか、相手にそう思わせたらクリエイターとして勝ちな気がします。

でも、実際にはどんな人でも必ず、上で挙げた限界が存在します。

さらに細かく言うなら、得意なジャンル(車や機械、人や動物)でもクオリティに差があります。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず

もちろん、オールマイティに凄い人もいますが、

上手な人というのは、自分がどんな題材の3DCGならどこまでのクオリティで表現できるかを把握している人と思います。

ただもし、学生の方が、もっと自分の枠を広げたい、と考えているのであれば、

小さくまとまらず、自分がこれまで作った事のないジャンルで精一杯頑張ってみても良いと思います。

…ただ、始めはやっぱり誰でも上手くいかないと思いますけど。

自分のやり方(作り方)が定まっていない状態で、作ると非効率なので

  • 思った通りに表現できない
  • 作るのに時間が掛かる
  • 他人より劣って見える

と、なるのですが、これは当然だと思います。

経験を積めば、十分に克服できると、私は信じています。

0
いいねボタンつけました
himeno

当サイトは、管理人Himenoが好き勝手書いている、いわゆる『趣味ブログ』です。

でもやっぱりなんかしらの反応が読者様から貰えるとこれ幸い(というか寂しい)

記事の終わり(ここのちょっと上)に、いいねボタン(数字があるハートマーク)を設置しました。

誰も何も損しないし得しないですが、押して貰えるとHimenoが嬉しいです。

関連した記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です