栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
成功法則・自己啓発

不器用な人の成功法則(Himenoの場合)

不器用な成功法則

努力しても結果が出なくて死にたいと嘆く方に

世の中に数ある目標達成方法ではなく、不器用すぎるHimenoのやり方をご紹介します。

店員
店員
でもこれだけCG作れる店長はそこまで不器用じゃないんじゃないの?
Himeno
Himeno
ありがとう…ハハハ(乾いた笑い)

私がどんな性格かというと、真面目・愚直・無骨・頑固…正直世渡り上手とは ほど遠い性格です。

2018年にガラケーからスマホに切り替えました。それも嫁に言われてシブシブ。

こんな性格ですから成功には努力が大切だと思っていますが、これまでの経験から頑張れば必ず報われるという事が、ない事も分かっています。

店員
店員
店長も「死にて~」とか「死にそ~」とかボヤくの?
Himeno
Himeno
ボヤくよ~?でも「死にたい」より、「死にたくない」の方が、”強い”…
店員
店員
(…あんまり聞かない方が良さそう)

さて、もったいぶりましたが私の成功する方法は!

正しいやり方を継続的に行う

これだけですが、毎回私の新しい事を始める~成功までの過程はひどいものです

  1. とりあえず始める
  2. もがく
  3. あがく
  4. 苦しむ
  5. 基本に立ち返る
  6. 正しいやり方を継続的に行う
  7. 気付けばうまくいってる気がする
  8. (頑張りと無関係に良い事が、起こる?)
店員
店員
店長・・・不器用すぎ
Himeno
Himeno
自分、不器用ですから

最初から基本に忠実にやれればいいのですが、初心者(というか私)はそもそも基本通りできないのですね(器用じゃないから)。

とはいえ、ちゃんとできないからと言ってると、いつまでも始まらないので先ずは片足突っ込んで始めます。

で、案の定うまくいかず、あーだこーだやって苦しみます。

苦しみます。

苦しみます。

苦しんだ挙句、「ちゃんとしないとダメだ」と反省し、ここで始めて基礎・基本・王道に戻ります。

そして地味に基本を繰り返します。

結局その後、結果が出たという自覚はなく、ただやっていたことが積み上がっている、それだけなんですね。

努力が報われるという言葉は気休めとして有効

努力しても結果が出ないとか、努力してない人が結果をさらう、なんて話を聞いたりしますが、

私は努力とは、現状から目標に近付く為の行為、と考えています。それが楽だろうがきつかろうが、です。

だから目標に繋がっていない行為は努力じゃないです。間接的にでも非効率にでも、あるいは凄い楽な方法でも目標に近付くなら努力です。

店員
店員
店長、結構…冷たい?
Himeno
Himeno
難しい話かもしれませんね

でも人間、自分で決めたやり方でも、思ったほどの結果に繋がらなくて落ち込む時だってあります(私がそうです)

努力は必ず報われる、と言う事は私の理屈ではそもそも矛盾した話ではありますが、気休めとして励ます気持ちを伝える言葉としてなら有効かと思っています。

最後にメンターの言葉

才能ナシ、超不器用な私ですが、メンターは私の頑張り方を否定することなく、ただ言葉を添えてくれました。

「確かにお前は不器用だが、俺はお前の中に生まれ持った”冴え(さえ)”を見ている。お前のセンスも使い方次第で必ず光る」

自分は器用じゃないからと思って、愚直に頑張るのは悪い事じゃないです。

しかし一方で自分に才能が無いと決めてしまわず、時には自分のセンスを信じてみてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

関連した記事