栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
3DCGスキルアップアドバイス

3DCGソフトでのテクスチャ作り

テクスチャ作り

以前表面材質設定の説明として、

最近はサブスタンスデザイナーというテクスチャを作成するソフトが流行っています

と説明させて貰いました。各パラメータを調整して、各画像を組み合わせる手法は、

2Dの画像編集ソフトとは違った操作になります。ペンタブレットと、2D画像編集が苦手なHimenoのような者には

魅力的なソフトですね、もちろんそれはそれでスキルとライセンス料が必要になりますが。

3DCGソフトでも画像は作れます

すぐに新しい強力なソフトを購入できないHimenoの負け惜しみになるかも(なります)ですが、

既存の3DCGソフトもテクスチャとなる2D画像を作成する事は可能です。

もちろん、3DCG作成ソフトというのは、最後におなじみのjpeg画像、2Dの画像として出力する訳ですから、

それが3DCG用の素材の平面画像を作る事であっても、なんら不思議な話ではありません。

3DCG作成過程応用編(2段階プロセス)

通常の3DCG作成の手順は、以前説明しました通り

モデリング→テクスチャ設定→ライティング・カメラワーク→レンダリング(描画)

と、なりますが、

例えばここでテクスチャの画像・写真を自分で作る、となると

3DCGソフトで2段階の工程になります

テクスチャ用のCG作成(モデリング~レンダリング)

→通常のCG作成

に移る、となります。つまり元々作りたいCGの為に、ファイルを2つ(テクスチャ作成用と実際の作成用)用意する事になります。

面倒臭いと思うかもしれません(Himenoも思います)がこのやり方を覚えると

作成できるCGの幅が広がりますので是非許容してもらいたいです。

ひとつ例をあげます。

これはバラを作った時の花弁用テクスチャの一枚と、実際に作ったバラのCGです。

(花弁の形状の丸みと、しわが入る箇所を指定するテクスチャです)

Himenoはかつてバラの作成を挫折して断念した事があります。

花弁の形状をモデリング技術で表現しようとして、それが10枚以上も円周上に

やや不規則に配置…編集する際のモニタに表示される花弁の線の数が凄く複雑な事になりました。

今回は上で挙げたように2段階のプロセスを設けて、花弁の形状はテクスチャに任せて、

モデリングは出来るだけシンプルに、ただ板形状を並べるだけにしました。

この花弁用のテクスチャは、2D画像編集が慣れておられる方なら造作もない画像ですが、

Himenoは3DCGソフト(Shade3D)で作成しました。

3DCGソフトは万能ソフトじゃないけど、複合機能ソフトではある

Shade3Dはアニメーションも扱えるソフトなので、

アフターエフェクト等の動画編集も多少なら行う事ができます、頑張れば。

Shade3Dで作成した「動画」を「テクスチャ」として利用して、CG動画を作る、

なんて事も可能です。文字が流れるヘッドマウントディスプレイ、突然出現する光る魔法陣・・・

簡単に3DCG作成を、仮想のスタジオと考えるなら、背景の動画と主役の動画を合成する事等は簡単です。

 

結構夢が広がる話ですが、注意として素材作りという作成過程が増えれば増えるだけ、作業量と時間は

掛かりますので、途中で作業量の多さにパンクしないように注意して下さい(経験談)

関連した記事