栄屋支店-ブログ版-
イラストサイト運営でネット副業
3DCGスキルアップアドバイス

3DCGの習得分野について

3DCG習得分野

3DCGは、2Dのイラストや絵画に比べると、まだまだ日本ではマイナーで、個人向けの教材は少ないと思います。

Himenoも、3DCGクリエイターのひとりとして皆様にその知識・技術を発信してお役に立ちたいと思います。

3DCGの技術は、その作成ソフトの違いによる影響が大きいので、できれば全般的な内容を主にお話しますので、

ご存知の方は「あるあるネタ」と思って聞いて貰えればと思いますし、3DCGを知らないけど、興味はある方々にも読んで貰えれば幸いです。

まずはHimenoの使用ソフトの紹介から。 「Shade3D」を使用しています。純国産ソフトで、モデリングからレンダリングまで完結しており、動画作成も対応しています。3D映像作成やVR対応もしています。

ただ、CGを学べる学校やCG作成をする企業で使用している所は少ないようで、個人向けの域に留まる感があります。

また海外の有名ソフトに比べると安価な事もありがたいです。

3DCG習得で必要になる知識とは

初回は3DCGの習得分野について

一言で3DCGと言っても作成過程はいくつかに分かれており、それぞれの工程で必要な技術・知識というものがあります。

先に述べたとおり、教材が少ないのでその知識の学習は3DCGの教材以外から習得する必要があります。

 

3DCGの作成は、おおまかですが

  • モデリング
  • 表面材質(テクスチャ)設定
  • ライティング・カメラワーク
  • レンダリング(CGの描画)
  • 仕上げ

となっています。

・モデリングを習得するために

モデリングは3DCGのモデルの形状を作成します。2DのCGとの大きく違って、目に見えない、裏側、対象の全体の形状を作るので、その作業は彫刻や粘土細工、図面作成に近いものがあり、

教材としては彫刻や粘土のモデリングが勉強になります。(平面の絵画も、もちろん立体的な理解は必要ですが)

モデリングの為には、モデル形状の理解・分解・再構築が必要です。芸術・モノづくりの基本ですかね。

モデルがどんな形をしているのか目をつぶっても頭の中でぐるぐる回して見られる程に理解して、

それを幾何学物(球や四角柱など)の簡単な形状の集まりに分解して、

PCで幾何学物を使ってラフモデリングする。これが基本で、そこから熟練者は細部を作り込んでいきます。

モデリングは3DCGの基礎になるので、実力を上げるにはモデリング技術は必須ですが、上達には時間がかかるので

敢えて他の工程に注力するのも選択かと思います。

・テクスチャを習得するために

テクスチャ設定は、作成したモデリングに色、光沢、透明具合などを設定し、材質を表現します。

必要になってくるのは材質を表現するテクスチャと呼ばれる貼り付ける画像ですが、

ネットに公開しているものを利用したり、写真で取り込んだものを利用したり、または画像を自作したりします。

つまり2Dの写真調整技術が必要になります。

凄いテクスチャ技術ともなれば、シンプルな形状に、繊細なテクスチャを貼って、

あたかも複雑な形状に見せながら少ない容量のファイルにします。これがローポリ3DCGと言われ、処理能力の低いゲームでは重宝されています。

・ライティング/カメラワーク~仕上げについて

ライティング・カメラワークはひとつにくくらせて貰ったのは、セットで覚えて欲しい技術だからです。3DCGソフトの機能で、どの方向から何色の光をどれだけ強く当てるかも自由で、カメラの位置・焦点距離も自由です。これで2Dイラストでも必要な知識ですが「構図」が決まります。その知識には実際のカメラの知識がほぼそのまま利用できます。

頑張って作られているモデルがどこか素人画像に見える。逆に大した形状じゃないのに美麗イラストに見える事があるのはこのライティング・カメラワークが重要になってきますので、この知識・技術は3DCGには必須です。

レンダリング技術についてはその使用ソフトの特性に依るところが大きいのでここでは軽く流しますが、

こちらもおろそかにすればCGのクオリティが下がりますので、満足のいく限り色んな設定を調整して、スキルを磨いた方が良い所です。

 

最後仕上げですが、主に色味などを2D画像ソフト等を用いて全体の印象を調整します。

なので他の工程のスキルよりやや軽視されるイメージがありましたら、最近はその事情も少し変わってきました。

「フォトバッシュ」という技術が最近よく聞かれるようになっており、モデリング~ライティングまでを最後まで突き詰めずに「画像素材」と割り切って、仕上げの段階で2D画像編集の技術を最大限に生かして、一つの画像として仕上げる、という方法があります。

(※8/11記事修正)「フォトバッシュ」についてはHimenoは技術をもっておらず詳しく説明しかねますが、こちらのサイトで詳しく説明してあります→「神絵師だけどニート-3Dやフォトバッシュを使ったCGイラストの描き方講座【ポケモン編】」(サイト運営者:さだぢ様からリンク承認済!!)

どの工程の技術も重要で、どの知識も3DCGを作る上で必須ですが、ひるがえしてどこか得意な技術があるだけで他の技術を補ってクオリティが高いCGも作る事ができると思います。

3DCGを志す人は自分の得意分野があればそこから入っていかれて、より良い作品を目指してほしいです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加